牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

肉専門サイト『にくらぶ』

牛肉の部位

牛肉の部位『ウルテ』は牛の喉の気管にある軟骨

更新日:

レア度:4 
部類:気管

このページでは

  • 牛の部位『ウルテ』のどこの部位?
  • 牛の部位『ウルテ』どんな肉?
  • 牛の部位『ウルテ』美味しい食べ方

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

ウルテってどの部位にあるの?

ウルテというのは牛の喉の気管に存在する軟骨であり、「フエガラミ」と呼ばれることもあります。
ちなみにウルテは、韓国語で「気管」という意味合いを持っており、牛1頭から取れる量が少ないことから、お店では希少部位として取り扱われています。

ウルテの食感や味を教えて?

ウルテは、全体的に硬くコリコリしているのが特徴であり、焼くとさらに美味しいさが増し、ウルテ独特の味わいを楽しむことができます。
また味については、全体的にサッパリしておりコクがありません。
焼肉店などで召し上がる際は、あくまでもウルテ自体の食感を楽しむのがポイントと言えます。

 

ウルテのみ美味しい食べ方ってあるの?

ウルテは他の部位と比べて取れる量が少ないのが特徴ですが、その分、味は抜群です。
さらに美味しくいただくには、味付けを工夫することをおすすめします。
美味しい味付けにするには肉の食感を楽しめることが大切であり、お肉の味を素直に楽しみたい方は塩ダレを、より濃厚な味わいを求めている方は醤油ダレや味噌ダレをおすすめします。
焼肉店はもちろん、家庭でも楽しめます。

 

ウルテの美味しい焼き方は?

ウルテを美味しい焼き方ですが、おすすめは「ウェルダン」です。
ウェルダンで、お肉全体をカリカリにしっかりと焼き上げると美味しくなり、ウェルが持っているコリコリした食感が満喫できます。
なお、ウェルはかなり硬い部位でもありますので、そのままでは食べにくいことがあります。
そのような場合には焼く前に、お肉に切り込みを入れておくといいでしょう。
ウルテの最大の特徴は、なんといってもコリコリした食感であり、上手く焼くとじっくり味わえます。

 

ウルテってどんなお酒が合うの?

牛肉はお酒との相性がよく、特にウルテの部分は美味しくいただくことができます。
お肉に合うお酒としては、まずはビールがあります。
冷えたビールと一緒に飲むことで、ウルテのコリコリの食感をお口イッパイに楽しむことができます。
また、ハイボールとも合います。
その他、焼酎や日本酒ともバッチリですので、焼肉店などに行った際は一緒に注文するのもいいでしょう。
お酒の好きの方は、ウルテを使った料理がつまみにするのもいいと思います。

 

どこで手に入るの?

最も簡単な方法は焼肉店です。
また、近くに焼肉店がない方は、スーパーや精肉店などでも購入できます。
お店によって値段などが変わってきますので、前もって問い合わせしておくといいでしょう。

-牛肉の部位
-, , , , , ,

Copyright© 肉専門サイト『にくらぶ』 , 2020 All Rights Reserved.