牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』

牛肉の部位

『ウチモモ』は牛肉でも最も脂肪分が少ない部位なんです

投稿日:

レア度:3
部類:モモ

リブロースの中でも最もバランスが取れた希少部位『ウチモモ』

このページでは

  • ウチモモってどんなお肉の食感?
  • ウチモモのおいしい食べ方
  • ウチモモに合うお酒

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

ウチモモってどんなお肉なの?

ウチモモは、牛の後ろ足、付け根の内側に存在しているお肉であり、牛肉でも最も脂肪分が少ないです。
ヘルシーさが魅力のお肉であり、焼き肉ファンからも高く評判されています。
牛の後ろ足の付け根部分にはいくつか筋肉が集まっており、そのためか、ウチモモは大きな塊になっているのが特徴です。
上記のように脂肪分が少ないことから、海外ではラウンドステーキなどに人気があります。
国内外に関係なく、ウチモモは健康志向が高い人たちに人気があるようです。

 

ウチモモの食感を教えて?

ウチモモは赤身がほとんどないこともあって、これぞお肉というように、牛肉本来の食感を味わうことができます。
歯ごたえがあり、全体的に脂肪が少ないこともあり淡泊な味わいですが、その分、クセがなくて柔らかいです。
牛肉自体をじっくり味わいたい方におすすめできます。

 

ウチモモの美味しい食べ方ってあるの?

ウチモモは色んな食べ方がありすますが、決め手になるのがタレではないでしょうか。
ウチモモのような淡泊な味がするお肉なら、醤油ダレや甘口ダレがおすすめです。
醤油ダレや甘口が、淡泊なウチモモをより引き立ててくれることでしょう。
また、お肉本来の風味を満喫したい方は、塩ダレを使ってみてください。
その他、刺身やタタキ、ローストビーフやカルパッチョなどとの相性も良いので、同じ食卓に並べてみるのも良いでしょう。

 

ウチモモの美味しい焼き方は?

ウチモモを美味しく食べるなは、焼き方にも注意が必要です。
おいしい焼き方ですが、おすすめはミディアムレアであり、サッという感じで焼くのがポイントです。
初めての方はなかなか感覚を掴めないかもしれませんが、そんな方はあぶるイメージで行うといいと思います。
お肉の中まで軽く火を通した後は、そのまますぐに食べましょう。
また、厚切りにする場合は、少々、長めに焼くと美味しさを維持したまま召し上がることができます。

 

ウチモモに合うお酒って?

ウチモモに合うお酒としては、やはりワインではないかと思います。
ワインでも、しっかりとした赤ワインがおすすめです。
赤ワインが、ウチモモの美味しさをさらに引き出してくれるでしょう。
日本酒と一緒に食べるのであれば、ふくよかなタイプものが合います。
焼肉店でも様々なお酒がありますので、お店に入ったらチェックしておきましょう。

 

-牛肉の部位

Copyright© 牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』 , 2019 All Rights Reserved.