牛肉 牛肉の部位

牛肉の部位『トウガラシ』どこ?噛むほど溢れる旨味、ローストビーフがオススメ!

※この記事にはPRを含んでいます

レア度:4 
部類:肩

このページでは

牛の部位『トウガラシ』どの部位?
トウガラシの美味しい食べ方
トウガラシってカロリー控えめ!

トウガラシはどの部分?

トウガラシは牛の肩の一部で、肩甲骨付近のお肉です。
形が唐辛子に似ていることからこの名前トウガラシで呼ばれるようになりました。焼肉屋で焼き野菜のシシトウのことかと思い、間違えてトウガラシを頼んだ人の話を聞いたことがあります。
そんなユニークな名前のトウガラシですが、牛肉の部位としては一頭からわずかトウガラシは2キロほどしか取れない希少部位にあたります。
別名に「トンビ」というものもあり、英語で「チャックテンダー」と呼ばれることもあります。

 

トウガラシの特徴は?

トウガラシの肉質は筋が粗く繊維質ですが、それでいて硬くはないのが特徴です。トウガラシは歯でその繊維を噛み切る軽やかな食感が特徴的で、赤身肉の美味しさや食べ応えを存分に味わうことができます。「牛肉食ってる!」感がたまらない部位ですよ。
トウガラシは強い肉感を感じられるだけではなく、ギトギトせずさっぱりとした味わいですので、たくさん食べられるのも嬉しいですね。
上質な赤身肉は、噛めば噛むほどに口の中でジューシーな旨味が贅沢に広がります。

 

貴重部位「トウガラシ」は楽天で購入できます!高級ですよ!

お店からのコメント

1頭から少ししか取れない希少部位、トンビ(とうがらし)。牛の肩から腕にかけ肩甲骨付近にあるお肉です。赤身が強く、うま味、肉汁が抜群です。
柔らかくて濃厚な米沢牛のお肉は焼肉に最適です。ワンランク上の味わいと風味をご堪能ください。
お届けするお肉には「証明書」をお付けしています。

 

トウガラシの美味しい食べ方は?

トウガラシは焼き肉でいただいてももちろん美味しいのですが、メジャーな調理法としてはローストビーフがオススメ。
ブロック肉を使い、あまり火を通しすぎずに作ったトウガラシのローストビーフは柔らかく、ジューシーで、極上の味わいです。それでいてくどくないので、いくらでも食べられてしまいます。トウガラシの美しい赤身で作るローストビーフは、見た目も綺麗に仕上がります。
トウガラシを焼肉で頂くときは甘口ダレや、塩胡椒、醤油などがよく合います。火を通しすぎずレアっぽく焼いていただくのが人気です。もちろん生焼けにならない程度にちゃんと火は通してくださいね。お店によってはユッケやタタキとして提供することもありますが、こちらもじゅうぶん注意しましょう。
もうひとつ、ダジャレみたいにはなりますが、トウガラシを青唐辛子やシシトウ、万願寺唐辛子などと炒めた料理もビールが進む一品です。実際に人気のトウガラシレシピで、レシピサイトにも多く掲載されています。味付けは甘辛く。

トウガラシに合うお酒は?

トウガラシ自体は軽い食感で胃にもたれませんので、ビールで軽やかに、ぐいぐいいただけます。お肉自体が重くなりにくいので、炭酸系の飲み物を合わせてもお腹が膨れにくいです。
それ以外ですとトウガラシの旨味を引き立てるようなガツンと来る赤ワインやよく冷やした白ワインもオススメ。

 

トウガラシのカロリーは?栄養は?

トウガラシは繊維質な赤身ですので、カロリーはかなり控えめです。
脂が少なく低カロリーな赤身はどうしても硬くなりがちですが、この部位トウガラシは牛のジューシーな肉感・旨味を味わいながらも、軽い歯応えでカロリーも気にせずモリモリ食べられるのが嬉しいですね。
もちろん牛肉ですのでタンパク質も豊富。トウガラシはあっさり食べやすく、低カロリー・高タンパクなトウガラシは、ダイエット中の方にも嬉しいお肉です。

※この記事にはPRを含んでいます

-牛肉, 牛肉の部位
-

© 2023 肉専門サイト『にくらぶ』