牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』

牛肉の部位

牛肉の部位『センボン(千本筋)』筋肉が多く集まっている希少部位

投稿日:

レア度:5 
部類:ソトモモ

このページでは

  • 牛の部位『センボン』ってどんな肉?
  • 牛の部位『センボン』はどんな味?
  • 牛の部位『センボン』美味しい食べ方

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

センボンってどういうお肉ですか?

センボンは、牛の後ろ足りモモの外側にあるお肉で、この部分は運動量の多い筋肉が多く集まっている部位でもあります。
ソトモモは、シキンボウとナカニク、そしてハバキがありますが、そのうちセンボンはハバキの中心部に存在しているのです。
ハバキはソトモモでもお尻に近くにある部位であり、大腿骨や頸骨の関節を覆っています。
ちなみにセンボンは、「千本筋」とも呼ばれており、牛1頭から取れる量が少ないのが特徴です。
牛によっても変わってきますが、だいたい2本で、量にすると500~600g程度と言われています。
それだけ希少部位だということです。
センボンにはゼラチン質が多いのが特徴であり、焼肉をはじめ、シチューや各種の煮込みなどに使用されています。

 

センボンの食感や味は?

まず食感ですが、ホルモンのシロをイメージしてもらうと分かりやすいです。
センボンはゼラチン質が多いこともあり、煮込み料理などをするとトロトロした感じになります。
初めは歯応えを感じることがきますが、比較検討簡単に噛み切れるので、歯応えを楽しみたい方は繰り返し食べるといいかもしれません。
噛むたびに美味しい味を実感できるのがセンボンでもあり、濃厚な味を堪能できます。

 

センボンを美味しく食べるには?

センボンを美味しいただくには、やはり味付けを意識したほうがいいと思います。
センボンのゼラチン質の旨味を満喫したいのであれば、塩ダレがおすすめです。
また、お肉の食感を味わいたいのであれば甘口ダレを、他にも様々な味付けがあり、例えばワサビ醤油なども相性は抜群です。

 

センボンの美味しい焼き方は?

センボンの美味しい味を実感したいのであれば、ミディアムがおすすめです。
ミディアムで中心部までしっかりと火を通し、その後にすぐ召し上がることをおすすめします。
そうすれば、お肉のゼラチン質がバランス良く溶け、ジューシー感を堪能できますが、焼き過ぎには注意してください。

 

センボンの焼肉は美味しいの?

センボンは様々な料理に合いますが、もちろん焼肉としてもおすすめです。
焼肉にするとスジが多いので、さらに濃厚の味を楽しめます。
焼肉にして食べる時は5mm程度にスライスし、それに柚子胡椒をつけるとよりジューシーな味わいを実感できるようになります。
焼肉店はもちろん、家庭でも手軽に食べることができるのが嬉しい点ではないかと思います。
また、センボンはインターネット通販でも購入できますので、お店に行く時間がない方にもおすすめです。

-牛肉の部位

Copyright© 牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』 , 2020 All Rights Reserved.