牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

肉専門サイト『にくらぶ』

牛肉の部位

牛肉の部位『ササバラ(ササミ)』モモの付け根部分にある希少部位

投稿日:

レア度:4 
部類:トモバラ(ソトバラ)

このページでは

  • 牛の部位『ササバラ(ササミ)』ってどの部位?
  • 牛の部位『ササバラ(ササミ)』どんな味?
  • 牛の部位『ササバラ(ササミ)』美味しい食べ方

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

ササバラ(ササミ)ってどんな肉なの?

牛の腹部分にある肉がバラ肉になりますが、その中でもモモの付け根部分にあるのが「ササバラ(ササミ)」です。
ささばらは一頭の牛から取れる量はそんなに多くないことから、数ある牛の肉の中でも希少部位に入ると言えます。
全体的にキメが細かくなっており、サシや赤身とのバランスがとてもいいのが特徴です。
普段あまり牛肉を食べない人でも、ササバラ(ササミ)であれば食べやすさを感じられるのではないかと思います。

 

ササバラ(ササミ)の食感はどうなの?

ササバラ(ササミ)はお肉が繊維質になっているのが特徴であり、全体的に柔らかくなっています。
そのため、サクサクとした食感を味わうことができます。
他の部位のお肉もいいのですが、焼肉店でササバラ(ササミ)を見かけた際にはぜひ注文して食感を味わってください。

 

ササバラ(ササミ)ってどんな味かするの?

ササバラ(ササミ)は、サシが多く入っているように見えますが、脂はくどさがないのが特徴です。
そのせいもあって、全体的にさっぱりした感じです。
脂っこさを感じることはなく、ササバラ(ササミ)の脂の甘みはもちろん、それに加えて、お肉のうま味がお口のイッパイに広がってくるのが分かります。
牛肉というとカルビをイメージする人も多いと思いますが、そのような一般的なカルビと比較すると全体的にしつこさを感じることがなく、比較的さっぱりした味わいと言えます。

 

ササバラ(ササミ)の美味しい食べ方を教えて?

ササバラ(ササミ)の食べ方は色々ありますが、美味しくいただきたいのであればやはり焼肉がおすすめです。
焼き肉店はもちろん、家庭でも手軽にいただけるのが嬉しい点ではないかと思います。
ササバラ(ササミ)の焼肉ですが、おすすめは塊で焼く方法です。
タレはわさび醤油などが美味しくいただけますが、その他にも、甘口ダレやにんにく醤油なども相性が良いので、それらタレを用意しておくといいでしょう。
ササバラ(ササミ)であれ、肉のうま味を存分に堪能できます。

 

美味し焼き方ってあるの?

ササバラ(ササミ)を焼く際は、おすすめは「ミディアムレア」です。
その場合、お肉の表面を強火でサラッと焼くのがポイントであり、その後は中まで軽く火を通してください。
中心部分に生っぽさが残っている状態が最適であり、お肉を柔らかくいただけます。

 

ササバラ(ササミ)に合うお酒ってあるの?

ササバラ(ササミ)は色んなお酒に合いますが、その中でもおすすめは赤ワインのボルドータイプです。
ボルドータイプとササバラとは相性が良いので、お肉の上手さを満喫できると思います。
また、日本酒好きの方は、微発泡の辛口タイプなどがおすすめです。

 

-牛肉の部位

Copyright© 肉専門サイト『にくらぶ』 , 2020 All Rights Reserved.