牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』

牛肉の部位

牛肉の部位『リブキャップ』ってどの部分のお肉なの?

投稿日:

レア度:4の希少部位『リブキャップ』
部類:リブロース

リブロースよりも希少部位で牛のリブロース上部の、背中の部分にあるお肉です。

このページでは

  • リブキャップってどの部分なのか
  • リブキャップの味や食べ方
  • リブキャップは誰でも買える?

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

リブキャップってどの部分のお肉なの?

リブキャップは、名前の似ているリブロースよりも希少部位と言われています。
牛のリブロース上部の、背中の部分にあるお肉であり、赤見と脂身がそれぞれ半分ずつの割合で存在しています。
ただ、実際に食べることができるのはほんのわずかです。
リブキャップは霜降りになりやすいのが特徴であり、全体的に見た目が美しく、さらに牛肉の中でもトップクラスの見た目であるとも言われています。
柔らかいというとロースも人気がありますが、リブキャップはロース並みの柔らかさは持っていませんが、お肉の持つ甘味や脂身など、濃厚な味を楽しめると評判です。
このように牛肉の中でも美味しいお肉として知られており、「リブカブリ」とも呼ばれています。

 

リブキャップの食感や味は?

リブキャップは、全体的に脂っぽさもありますが、味については、そのほど良い甘味に定評があり、上品かつ濃厚と言えます。
他の部位のお肉も美味しいですが、この部分も最高であり、「一度食べたら忘れることができない」という人も少なくありません。

 

リブキャップの美味しい食べ方を教えて?

リブキャップは、工夫次第でさらに美味しく食べることができます。
もともと脂が多い部分でもありますので、サラッとした感じの甘口ダレの味付けをはじめ、わさび醤油やにんにく醤油などにも合います。
その他、塩ダレもおすすめであり、リブキャップのあっさり感を満喫するのもいいと思います。
厚切りが好きな方も多いと思いますが、リブキャップの場合、どちらかというと薄切りの方が脂を抑えることができます。

 

リブキャップの美味しい焼き方ってあるの?

リブキャップは、焼き方によって味が変わってきます。
薄切りであれば「レア」で焼くのがおすすめであり、強火で脂をしっかりと溶かすと美味しくいただけます。
一方、厚切りであれば、じっくりと火を通して焼くのがいいでしょう。
そうするとこで、リブキャップの旨味を存分に味わうことができます。

 

リブキャップにはどんなお酒が合う?

リブキャップに合うお酒ですが、ワインであれば、フルボディタイプの赤ワインがいいでしょう。
また、日本酒ファンの方なら、しっかりしたタイプがおすすめです。
このようにリブキャップはお酒にも合いますので、一緒に用意しておくと存分に楽しむことができます。

 

リブキャップはどこで買えるの?

焼肉店で食べるのが早いですが、家で調理したい方は近所の精肉店やスーパーなどで購入できます。
なお、お店によって加工の仕方が異なることがありますので、購入前に要確認です。

-牛肉の部位

Copyright© 牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』 , 2019 All Rights Reserved.