牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

肉専門サイト『にくらぶ』

牛肉の部位

牛肉の部位『ノドスジ』シキンやネリガエシなどと呼ばれることも多い

投稿日:

レア度:4 
部類:気管

このページでは

  • 牛の部位『ノドスジ』のどこの部位?
  • 牛の部位『ノドスジ』どんな味のお肉?
  • 牛の部位『ノドスジ』美味しい食べ方は?

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

牛のノドスジについて教えて?

ノドスジというのは牛の食道部分のことを言い、その他に、「シキン」や「ネリガエシ」などと呼ばれることもあります。
どうして「ノドスジ」という名前になったのか、それは喉がちょうど食道の位置にあるからです。

 

どのような料理に使われているの?

ノドスジは、ホルモンにしてはその独特なクセは少なく、また、見た目は赤身肉みたいで、さらに脂が少ないのが特徴です。
意外にヘルシーな部位にあり、全体が筋繊維でできているノドスジは非常に硬いので、料理する際は前に切れ目を入れることが多いです。
料理については焼肉をはじめ、天ぷらや煮物、もつ鍋などによく利用されています。
他の部位と異なり、あまり見かけることのない希少部位でもあるのです。

 

ノドスジの食感と味は?

ノドスジの食感ですが、コリコリしていることもあって歯ごたえがあります。
お肉に切り込みがある場合は、お肉自体の硬さが気になることはないでしょう。
また、内蔵系のようなクセがありませんので、濃厚な味わいを楽しめます。

 

どうすれば美味しくなめの?

ノドスジを美味しいただくには、自分に合った味付けにすることが大切です。
様々な味付けがありますが、シビレというお肉そのものの味を満喫したい方は塩ダレがいいでしょう。
また、お肉自体の味よりアッサリ感を楽しみたい方は、ポン酢などがおすすめです。
もちろん焼肉のタレもありです。
ノドスジは色んな味付けを楽しめるのが、嬉しい点ではないかと思います。

 

美味しい焼き方を教えて?

ノドスジは焼き方によって食感が変わります。
お肉本来の味を楽しみたい方は、「ミディアムレア」をおすすめします。
ミディアムレアによって、お肉の表面をサラッと焼き上げ、中まで火が通ったらすぐに食べるといいです。
あまり焼き過ぎしてしまうと硬くなってしまい、ノドスジ本来のコリコリ感がなくなってしまうので注意してください。

 

ノドスジに合うアルコールは?

ノドスジは様々なアルコールが合い、ビール、ワイン、日本酒などがおすすめです。
このうちワインであれば、すっきり感のある白ワインやシャンパンがいいでしょう。
また、日本酒で楽しみたい方は辛口がおすすめです。
日本酒とノドスジを一緒に食べると、お口イッパイにお肉の旨味が広がります。

 

おすすめのレシピは?

ノドスジのレシピの中では、「牛スジ煮込み」がおすすめです。
スジ煮は手軽にでき、それでいて甘みを楽しめます。

-牛肉の部位

Copyright© 肉専門サイト『にくらぶ』 , 2020 All Rights Reserved.