牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

肉専門サイト『にくらぶ』

牛肉の部位

牛肉の部位『ニノウデ』牛の場合は筋肉の塊です!

更新日:

レア度:3の希少部位『ニノウデ』は牛肉でも珍しい特別な食感でした。

このページでは

  • ニノウデは実は筋肉の集合体で特別な食感!
  • ニノウデはどんな料理法が良いのか?
  • ニノウデはどこに売っているのか買えるのか?

などわかりやすく紹介しています。

 

ニノウデってどこにあるの?

ニノウデは、牛の前足の付け根部分にあり、体全体を支えている筋肉でもあります。
そのため、非常に引き締まった筋肉質になっているのが特徴的です。
ニノウデは両方の前足から採取できますが、全体的に生産量は多くはありません。
ただ、それほど希少価値が高い部分ではありませんので、焼き肉屋さんなどで特別名前の付いたメニューを見かける機会は少ないでしょう。

 

ニノウデの特徴を教えて?

ニノウデはウワミスジの下部に位置していることもあって、ゼラチン質などが多く含まれているのが特徴と言えます。
ただ、他の部位と比べて赤身部分が多くなっていますので、しっかりとした歯ごたえはもちろん、食感を十分に楽しめると好評です。
ニノウデの場合、クリと同じように、一般的な牛肉とはまた少し異なる味わいを満喫できます。
筋肉部分は油が少なめとなっていますので、普段あまりお肉を食べない方も、抵抗なく入っていけるのではないかと思います。

 

ニノウデってどのようになっているの?

ニノウデは比較的細かい部位であり、細かい筋がたくさん集まっています。
そのためか、他の部位よりも柔らかくなっており、さらに旨味がしっかりしているのです。
この部分は全体的に運動が活発であり、運動を良く行う筋肉が多く、また、筋や筋膜などもたくさんあります。
硬い肉質と柔らかいものが入り組んでいる感じです。

 

どのような料理が合うの?

ニノウデは全体的に肉色が良く、味が濃いのが特徴です
具体的な料理としてはステーキをはじめ、しゃぶしゃぶやすき焼き、焼肉や煮込みなどがおすすめです。
風味が豊かで、コクの多いお肉ですので焼肉にもピッタリと言われています。
その他に、煮込み料理やシチュー、また、スープなども美味しくいただけます。
ニノウデの先の部分はキメが粗く、かつ硬くなっていますので、煮込みやスープに使われることも多くあります。
しっかりと煮込むことによって柔らかい触感とすることも出来るため、ビーフシチューなどにも適しています。
この部分は基本的には様々な筋肉が交差している部分でもありますので、調理する際は筋膜やスジなどをキレイに除去して、肉の部分のみを使用するのがおすすめです。

 

どこで購入できるの?

ニノウデは焼肉店で食べることができますが、その他にネット通販でも購入できます。
また、近所の精肉店やスーパーなどでも購入できますので、お店で購入する際には店頭もしくは店員さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

-牛肉の部位

Copyright© 肉専門サイト『にくらぶ』 , 2020 All Rights Reserved.