牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

肉専門サイト『にくらぶ』

牛肉 牛肉の部位

牛肉(焼肉)の部位『ミノ』焼肉やもつ鍋でおなじみ

投稿日:

レア度:4 
部類:胃

このページでは

牛の部位『ミノ』どの部位?
牛の部位ミノと上ミノの違い
ミノの食感は?

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む


【牛肉(焼肉)の部位】牛のどこの部分?希少部位はどれだけ知ってる?

 

ミノってどの部分なの?

牛ホルモンのミノは、牛の第1の胃です。
牛は4つの胃を持っており、ミノはその一部になります。
ちなみに「ミノ」という名前は、蓑傘「みのかさ」に由来していると言われおり、ミノを広げた際の形が蓑傘によく似ています。
また、ミノ自体の特徴でもある白色の肉の見た目から、白肉と呼ばれることもあるようです。

 

ミノの食感は?

ミノの食感ですが、あの独特のコリコリではないかと思います。
軟骨とよく似ており、その食感がたまらないという人も多いのではないでしょうか。
ミノは弾力性も持っており、そのため噛みごたえも楽しめます。味や匂いに独特のクセなどが少ないため、食べやすいホルモンとして評判です。

 

ミノと上ミノの違いを教えて?

焼肉屋さんに行くと、一般的なミノとは別に、メニューの中に上ミノが用意されていることがあります。
上ミノというのは、特に肉厚の部分をそう呼んでおり、厚みを持った部分はより多くの脂を含んでいることから、その見た目から「ミノサンド」と呼ばれることもあるようです。

 

美味しい焼き方ってあるの?

「ミノを美味く食べたい」という人も多いはず。
ミノを美味しく食べるためには、上手な焼き方を身につけとおくとよいです。
食感を楽しみたい方は、焦げる前に食べるのがポイントと言えます。
また、転がしながら焼く方法もあります。
ミノを焼く際に転がしながら焼くことで、ミノ自体を焦がすことなく、パサつきを抑えながら焼くことができます。
焼く際は、包丁で切れ目を入れるケースが多く、その切れ目がしっかり開いたら食べごろとも言われています。
ミノを良く焼くと収縮し、それがコリコリとした食感に繋がってくるのです。
焼肉屋さんで上ミノを焼く際も、できるだけ転がしながら焼くことをおすすめします。

下ごしらえの方法を教えて?

スーパーなどで下処理が済んでいないミノを購入した時であっても、下ごしらえは簡単にできます。
ミノや上ミノといったホルモンは、下ごしらえをしっかりすればより美味しくいただくことができます。
その方法ですが、ミノは塩でしっかり洗うのがポイントで、それによってヌメリや臭いなどが除去されます。
また、ミノに切れ目を入れる時は、繊維に対して直角に入れるのがポイントです。

・おすすめのレシピは?
ミノを使ったレシピとしては、焼肉の他、ニラやニンニクなどをたくさん入れた牛もつ鍋に人気があります。
しっかりとスタミナをつけたい時におすすめの一品であり、すぐにお腹イッパイになります。

 

-牛肉, 牛肉の部位
-,

Copyright© 肉専門サイト『にくらぶ』 , 2020 All Rights Reserved.