牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』

肉の雑学 鶏肉の雑学

『筋肉ダイエット』高たんぱく低脂肪のお肉とはどんなお肉?

投稿日:

ダイエット中の方やトレーニングをして筋肉を付けたいという方にとって、食事を大事な要素のひとつです。そして食べるものの栄養素の中で特に注目しておきたいポイントがたんぱく質と脂質という2つ。たんぱく質が多く含まれていて、さらには脂肪分が少ないものが筋肉の発達には適していて、さらにダイエット効果も期待できます。

そんな高たんぱく低脂質の食材の代表と言えばやはり「鶏むね肉」です。肉類の中でもっとも脂肪分が少ないので、とてもおすすめの肉の種類となっています。

また、そのほか豚肉や牛肉でも部位によって高たんぱく低脂肪の肉というものがあります。豚肉なら「豚かた肉」、牛肉なら「牛もも肉」といったところがおすすめですが、ここではそれぞれのたんぱく質・脂肪分の含有量について詳しくご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

圧倒的に高たんぱく低脂肪の食材である鶏肉

鶏肉は豚肉と牛肉に比べて、圧倒的に脂肪分の少ないところが特徴でもある肉の種類です。そしてそんな鶏肉の中でも一番高たんぱくで低脂肪な部分が「鶏むね肉」となっています。

100グラムの鶏むね肉に含まれるそれぞれの成分は、「たんぱく質23.3グラム・脂質1.9グラム」となっていて、これは鶏肉の部位の中では比較的ヘルシーなイメージのある「ささみ」よりも優れた数値です。なお、同量のささみの場合においては「たんぱく質19グラム・脂質5.0グラム」といった数値となっていて、これは皮なしの鶏もも肉とほぼ同じ数値となります。

「もも肉は太るからささみにしよう」といった考え方の人も多くいそうな気がしますが、実は皮さえなければもも肉とささみは同じくらいの脂肪分だということが分かりますね。ちなみにむね肉にしろ、もも肉にしろ、皮が付くだけで脂質は倍以上になりますので覚えておきましょう。なお、鶏むね肉100グラム中に含まれるとした「たんぱく質23.3グラム」というのは、このあとご紹介する豚肉・牛肉のどの部位よりも高い数値です。

さらに「脂質1.9グラム」というのも同じ量の肉類の中ではもっとも少ない数値ですので、高たんぱく低脂肪の肉を選ぶのであれば鶏むね肉は欠かせない食材と言えますね。

 

豚肉の中で高たんぱく低脂肪な部位

次に豚肉の中で高たんぱく低脂肪な部位をご紹介していきたいと思います。豚肉の中でもっともたんぱく質が多い部位は「肩ロース」です。

こちらは「たんぱく質22.7グラム脂質5.6グラム」という数値で、鶏肉のささみより少し脂質は多いがその分たんぱく質が多いといったところになりますね。しかも豚肉には鶏肉よりも多くのビタミンが含まれているので、栄養価という面では非常に優れた食材と言えるでしょう。

なお、もちろんこの数値は脂身部分を取り除いたものとなりますのでご注意ください。脂身が付いているものを選ぶと鶏肉よりも大幅に脂質が増え、およそ3倍以上の脂質が含有されることになります。

また、肩ロース以外の部位でおすすめの高たんぱく低脂肪部位というと、「豚かた肉」が挙げられます。豚かた肉の割合を見てみると「たんぱく質20.9グラム脂質3.8グラム」ということで、脂質の面で鶏肉に近い数値をたたき出しています。ただ、ロースに比べてたんぱく質が若干少なくなるというところも特徴のひとつに挙げられるようです。

こうした数値と旨みや柔らかさといった点を組み合わせて考えると、やっぱりロース肉を選んだ方が美味しく高たんぱく低脂肪食材を摂取できるような気もしますが、あとは好みの差かと思います。

 

牛肉は脂質がほかの肉よりも高い

牛肉の赤身肉は「ステーキダイエット」といった減量理論にも用いられるほどダイエットに適した食材です。しかし、こうした高たんぱく低脂肪の代表的な食材としてピックアップされている牛肉ですが、実は脂質はほかの肉よりも高い数値を見せています。

牛肉の中で高たんぱく低脂肪の部位というのは「もも肉」や「ランプ(お尻あたり)」といったところになりますが、どの部位でも脂質の数値は10グラム以上です。もっとも脂質が少ない部位は牛もも肉ですが、それでも「たんぱく質21.3グラム脂質10.7グラム」といった数値ですので、豚肉や鶏肉よりも脂質が多く含まれることが分かるかと思います。

脂身が少なくてヘルシーといった印象のあるヒレ肉でも「たんぱく質19.1グラム脂質15.0グラム」といった数値ですので、ちょっと脂肪分が多いように感じられますね。ただし、牛肉は脂質がある程度含まれる代わりに、ほかの肉類よりも鉄分を多く含有しているという優れた部分を持ち合わせています。

貧血予防なども考えるのであれば牛肉というのは非常におすすめの食材ですので、バランスを考えて摂取すれば余分な脂質を補うだけの栄養素が摂取できるはずです。

【牛肉の部位】牛のどこの部分?どれだけ知ってる?

 

鶏むね肉が圧倒的な数値

ココがおすすめ

ご紹介したように高たんぱく低脂肪の食材という点では鶏むね肉が圧倒的な数値を見せていました。また同じように高たんぱく低脂肪の肉類として挙げた豚肉や牛肉の部位も、脂質はやや鶏肉よりも高い数値を見せていますが、ビタミンや鉄分といった栄養素を多く含んでいるので食材的には非常に優れていると言えるでしょう。

高たんぱく低脂肪な部位を探しているのであれば、ご覧いただいた通り「豚肉はロースやかた」、「牛肉であればもも肉」を選ぶことがおすすめとなっていますので参考にしてみてください。

-肉の雑学, 鶏肉の雑学

Copyright© 牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』 , 2019 All Rights Reserved.