牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』

牛肉の部位

牛肉の部位『カメノコウ(カメノコ)』内モモより下部の球状の部位

更新日:

レア度:4 
部類:シンタマ

このページでは

  • 牛の部位『カメノコウ(カメノコ)』どこの部位?
  • 牛の部位『カメノコウ(カメノコ)』どんな味?
  • 牛の部位『カメノコウ(カメノコ)』美味しい焼き方は?

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

カメノコウ(カメノコ)って牛のどの部分にあるの?

牛の後ろ脚の付け根部分の、内モモより下部の内側に存在している球状の部位がシンタマであり、カメノコウはその一部になります。
カメノコウ(カメノコ)の名ですが、その断面の模様が、まるで亀の甲羅に良く似ているのでそのような名前がついたとされています。
この部分は、牛1頭より取れるお肉の量が少ないので、希少部位のひとつともされているのです。
シンタマの部分は、全体的に肉質のキメ細かいのが特徴であり、また赤味があるので、旨味が強くさらに脂が少なくなっています。
カメノコウはユッケとして使用されており、牛刺しなどの生で食べると美味しくいただける部位です。
一度食べてみると分かると思いますが、馬刺しに似たような味わがあります。

 

カメノコウの食感やおすすめ味付けは?

カメノコウ(カメノコ)の食感ですが、全体的な柔らかさはそんなに感じられないのですが、その分、噛み応えがあり、さっぱりした食感を楽しめます。
この部分は赤身が多いので、お肉の旨味をたっぷり楽しめるのが嬉しい点ではないでしょうか。
おすすめの味付けですが、わさび醤油をはじめ、塩コショウや塩ダレなどに人気があります。
さっぱり感がありますので、どの味付けでも美味しくいただけます。
いずれの味もお肉に軽くつける程度でよく、お肉そのものの味を楽しむといいでしょう。
焼肉店はもちろん、自宅でも楽しめます。

 

カメノコウのおいしい焼き方ってあるの?

カメノコウ(カメノコ)を美味しくいただきたい方は、レアがおすすめです。
レアで薄切りであれば、片面焼きもいいでしょう。
また、厚切りの場合は焼き方に注意する必要があり、ポイントは脂を落としすぎないことです。
焼く際は脂に注意し、中心がレア状態のままでいただきましょう。
カメノコウの場合、あまり焼き過ぎてしまうと硬くなってしまいますので気をつけてください。

 

カメノコウと合うお酒を教えて?

牛肉とお酒は相性がよく、焼肉店でも多くのお客さんが味わっています。
カメノコウ(カメノコ)もまた同じであり、様々なお酒と合います。
具体的には、ビールやワイン、日本酒がおすすめです。
ワインの場合、赤ワインは全般のもの、また、白ワインであればシャルドネ系などがよく合います。
日本酒ファンも多いと思いますが、日本酒で楽しむのであれば、お肉の旨味に負けないようなものをチョイスするといいでしょう。
お酒の種類については、焼肉店のスタッフさんに聞いてみるのもひとつの方法です。
カメノコウにピッタリ合うお酒を提案してくれるはずです。

-牛肉の部位

Copyright© 牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』 , 2020 All Rights Reserved.