牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』

牛肉の部位

牛肉の部位「インサイドスカート」とは

更新日:

レア度:3 ★★★☆☆
部類:ナカバラ

このページでは

  • インサイドスカートとは?
  • インサイドスカートの味や特徴は?
  • 実はインサイドスカートはすぐ手に入る?

などわかりやすく紹介しています。

 

インサイドスカートとは?

インサイドスカートとは牛肉の中で横隔膜のハラミに近い部分であり、肋骨の周りについているのがインサイドスカートです。
肋骨周りのお肉のことを指すので、とれる量は比較的に多く一般的にばら肉として流通されることが多い部位となっており、
別名ウチハラミとも呼ばれています。

 

 

インサイドスカート味の特徴は?

味わいはハラミに近いのですが、お肉の分類としてはカルビ(ばら肉)の仲間に入ります。
カルビとバラ肉の中間的な存在で、限りなくハラミに近いばら肉とも呼ばれています。
食感は少しざっくりとした歯ごたえがありますが、十分かみ切れる程度のやわらかさが特徴となっています。
脂身の多さが特徴でもあり、味わいとしてはこってりとした適度なコクを感じることができるので、脂身が多いお肉が好きな方におすすめです。

 

 

インサイドスカートおいしい食べ方は?

焼き方はレアがおすすめ。
あまり火を通さないように軽く炙るように焼き、表面がカリッとしてしてきたら食べごろです。
味付けに関してですが、コクのある肉質を楽しみたいなら、ショウガ、わさび、辛子などのしょうゆだれ、または甘口だれがおすすめです。
お肉自体の味を楽しみたいなら、塩コショウのみで食べましょう。脂が口の中にいっぱいにとろけるように広がっていきます。

インサイドスカートと一緒に味わうお酒なら、赤ワインがおすすめです。
ブルゴーニュワインでもボルドーワインでもどちらでも合いますので、自分の好みに合わせて楽しみましょう。
また、肩の力を抜いてお肉本来の味を楽しみたいなら、やはりビールがおすすめです。
インサイドスカートのコクとビールのキレを口の中で味わってみてください。

 

インサイドスカートがおいしく食べれられる牛は?

一番のおすすめの牛は、但馬牛(たじまうし)です。
但馬牛は素牛(もとうし)ですので、肉質は最高級。
また、ほかの素牛と比べ値段も少し安いので、最高級の肉質がお得に食べれちゃいます。
※素牛(もとうし)とは、肥育牛や繁殖牛として飼養される前の子牛のこと。

 

インサイドスカートはみんな大好き

インサイドスカートというお肉の名前を初めて聞いた方も多いかもしれませんが、
ばら肉と聞けば食べたことある人が多数ではないでしょうか。
実は、インサイドスカート(ばら肉)はスーパーでも手軽に買えるお肉で、
バーベキューや自宅の焼き肉をするときに活躍している部位なので、
次に手に取るときには、インサイドスカートの味の特徴やおいしい食べ方をぜひ試してみてください。

-牛肉の部位

Copyright© 牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』 , 2019 All Rights Reserved.