牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

肉専門サイト『にくらぶ』

牛肉の部位

牛肉の部位『イチボ』牛のお尻の先部分で赤身で美味しい部分

投稿日:

レア度:4 
部類:ランイチ

このページでは

  • 牛の部位『イチボ』はどの部分?
  • 牛の部位『イチボ』はどんな味か
  • 牛の部位『イチボ』おいしい食べ方

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

イチボってどこにある部位?

イチボの位置は、牛のお尻の先部分になります。
お尻の部分にあるお肉はランプと呼ばれていますが、イチボはランプの下部に位置しているのです。
もともと、臀骨の部分がH型であるためにエイチボーンと呼ばれており、その呼び方が短縮されて今の「イチボ」という呼称になったとされています。
この部分はカルビのような脂感はありませんが、赤身の旨味がしっかりしているのが特徴です。
特に硬さはなく、全体的に柔らかな肉質になっています。
希少部分をあまり食していない人でも、イチボであれば特に抵抗なく味わえるのではないかと思います。

 

イチボの味わいを教えて?

イチボは旨味の多いお肉で、部分的に油を感じる場合もありますので、余計な油を落とせる焼肉にピッタリです。
若い方から年配の方のまで、幅広い年代層の人たちから親しまれています。
年配者の方の中には、「脂が多いとすぐにお腹イッパイになる」という人もるかもしれませんが、そんな方にイチボがピッタリです。
イチボという部位は、実はステーキでよく用いられている、「サーロイン」と似た肉質を持っている部位なのです。
どことなくサーロインに通じるような味わいを感じることができます。
そのため、ステーキとしても使用されることが多く、「イチボステーキ」なるものも存在しているのです。
焼肉店でもメニューとして用意しているところもありますので、今度行った時に確認しておくといいでしょう。

 

イチボの楽しみ方は?

イチボはサーロインに似た肉質・味わいを持っている部位であることから、やはりステーキとして食べられることが多い傾向にあります。
また、カルビやハラミなどのお肉よりやや硬めになっていますので、分厚く切ることはそう多くなく、どちらかというと焼肉やローストビーフとして食されることもあります。
このようにイチボは硬めのお肉ですので、少々薄めに切るのがポイントです。
薄めにスライスすると美味しくいただけ、また、脂分が少ないので、焼肉店では人気の部位として君臨しています。

 

おすすめのお酒はあるの?

イチボに合うお酒ですが、ビールはもちろんワインもおすすめです。
ワインであれば、カベルネソーヴィニヨン用いたフルボディが、日本酒は辛口系の熱燗などが結構いけます。
また、焼酎と一緒に楽しみたい方は、お湯割りがいいでしょう。
このように様々なお酒と相性がいいです。
ステーキが洋風ならワイン、和風なら日本酒で肉本来の味を楽しみながら、そして焼肉ではビールや焼酎などで楽しむのが特におすすめです。

-牛肉の部位
-, , , , ,

Copyright© 肉専門サイト『にくらぶ』 , 2020 All Rights Reserved.