牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

肉専門サイト『にくらぶ』

牛肉の部位

牛肉の部位『ヘッドバラ』バラ肉でお値段はやや高めの希少部位

投稿日:

レア度:4 
部位:トモバラ(ナカバラ)

このページでは

  • 牛の部位『ヘッドバラ』ってどんなお肉?
  • 牛の部位『ヘッドバラ』の美味しいブランド牛
  • 牛の部位『ヘッドバラ』おすすめの焼き方

などわかりやすく紹介しています。

合わせて読む

 

ヘッドバラとは?

牛のおなかに当たるばら肉の中でも、前側にある部分でサンカクと繋がっているところがヘッドバラになります。
うちバラの一部で、その中でも一番の霜サシが入ってますが、牛の大きさによって厚みに差がでる場所です。
ばら肉の中では品質が良い部分で、味も濃く最も希少部位なため、お値段はやや高めとなっています。
また、見た目の綺麗でやわらかく特上カルビや上カルビで提供されることがほとんどです。

 

ヘッドバラの特徴

上質な脂身がたっぷりと乗っている部位でもあるので、霜降りが大半を占めており、
とろけるような食感と脂身のおいしさが特徴となっている部位です。

 

ヘッドバラがおいしく食べられる牛は?

北の大地で育てられた、こだわりの牛肉「あおもり小川原湖牛」がおすすめです!
日々の努力を惜しまない農家の方々の愛情に包まれ、ゆっくりとしっかりと育てられた牛肉です。
こちらの牛肉の特徴は、黒毛和牛に負けず劣らない「上品な脂身のうまさ」と「牛肉のやわらかさ」です。
霜降りの具合も、ほかのブランド牛と比べてもほど良く脂あぶらしてないため、たくさん食べても胃もたれが少ないので、
年配の方や女性の方、また子供たちまで幅広く喜ばれて食べられている牛肉です。

 

おいしい焼き方は?

ヘッドバラは、焼肉がおすすめです。焼肉の王様と呼ばれるほど相性がぴったりなのです!
比較的に脂が多い肉になっていますので、焼き方としては

  1. まずは片面を焼き、表面の周りが白くなったら裏返します。この時に脂部分をしっとり仕上げるために、お肉をやさしく引きずるようにして裏返すのがポイントです。
  2. 裏面も焼き目が付いたらできあがりです。

※もっと焼きたい場合は、自分の好みに合わせて①②を繰り返しましょう。

 

牛肉の部位『ヘッドバラ』はおすすめ

今回はトモバラの中のひとつ「ヘッドバラ」について紹介しました。
焼き肉店では高級品として扱っている特上カルビや上カルビとして提供されているとのことで、
みなさんもしかしたら知らず知らずに食べていたこともある方もいるかもしれませんね。
また今後、焼き肉店で食べる機会があった場合、上記で紹介したおいしい焼き方を試してみてください。

-牛肉の部位

Copyright© 肉専門サイト『にくらぶ』 , 2020 All Rights Reserved.