牛肉 豚肉 鶏肉の部位や雑学などを詳しく説明

牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』

牛肉の雑学 肉の雑学

国産牛、黒毛和牛、和牛、輸入牛は何が違うのか調べてみたんです

更新日:

国産牛、黒毛和牛、和牛、輸入牛は何が違うの?それ以外の牛肉は?

自分で牛肉を購入するときや飲食店などで注文をするときに、その牛肉の素性を知っているとより美味しい牛肉を選ぶことができますよね。

しかし、意外と国産牛や黒毛和牛、またただの和牛や輸入牛の違いというのを知っているという方は多くなく私も知らなかったんですが、それぞれの違いと定義について調べてみましたよ。

また、それ以外にも牛肉の種類があるのかどうかもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて!

 

あわせて読む!関連記事

牛肉の部位』について詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

国産牛と和牛の違いについて

国産牛という言葉から、一般的にそのすべての牛が日本生まれのように感じられますが、実はこちらからして大きな認識の違いがあるかと思います。

実は国産牛というのは「日本で3ヶ月以上飼育されたものすべて」の牛を指す言葉なのです。

そのため、アメリカやオーストラリアで生まれた牛でも最終的に日本で3ヶ月以上飼育すれば「国産牛」と表記することができます。

それでは和牛というのはどういった定義なのか?と気になる方もいらっしゃると思いますが、こちらは日本原産の牛の品種のことを指します。

和牛とは「黒毛和種」「褐色和種」「短角和種」「無角和種」の4種類が存在し、この中に分類されるものだけが日本原産の牛の品種で「和牛」です。

それぞれ牛肉になったときに味わいが変わりますが、松阪牛や神戸牛といったトップクラスのブランド牛には「黒毛和種」の和牛が使われています。

そのため、よく見かける「黒毛和牛」というのは、4つに分類される「和牛のうちのひとつ」ということになりますね。

ココがポイント

国産牛は日本で3か月以上の飼育された牛、和牛は日本の牛の種類で育つ場所は関係ないってことですね

 

外国育ちの和牛も存在する

国産牛というのが外国で産まれた牛も含んでいるということが分かりましたが、実は和牛を外国で育てて逆輸入するという方法も存在します。

これは黒毛和種などの牛の品種を海外で育てて、「輸入牛」として仕入れるという方法なのですが、この場合は国産牛という表記はできず「黒毛和牛」として出荷されます。

なぜこうしたことをするのかと言いますと、単純に大規模な畜産業を営もうとすると海外の牧場で飼育して出荷した方がコスト面で安く仕上がるというメリットがあるからです。

また、現在では世界中で日本の牛の実力が認められているため、海外の牧場でもその血統を取り入れたいという点も理由のひとつに挙げられます。

黒毛和牛は世界で人気のある種類で世界中で育てられている感じですね!

 

基本的に和牛は国内で飼育されているケースが大半

和牛と表記されているのに外国産のもの、というとちょっとブランド力が落ちてしまいそうな気もしますが、実際にはほとんどの和牛が国内で育てられたものとなっていますのでご安心ください。

また、牛肉のトップブランドである松阪牛や神戸牛、そのほか日本の地名が記載されているものに関しては基本的に国内のみで育てられたものとなっています。

これは各生産地で厳密に管理しているものですので、信頼性も高く安心して牛肉を購入できるシステムが構築されています。

ご紹介したのは、あくまで定義上での和牛の違いですので、国内のブランド牛に関しては「日本生まれの和牛のみ」と覚えておきましょう。

 

乳牛など、そのほかの牛の種類について

さて、和牛や国産牛の違いについて理解してもらったところで、次にそのほかの牛の種類についてご紹介していきたいと思います。

まず牛の種類として日本でも数多く飼育されているのが乳牛と呼ばれるものです。

こちらは大きなくくりとなっていますが、乳牛にも和牛のように品種というものが存在します。

乳牛の種類について

一般的に乳牛として飼育されているものは「ホルスタイン種」と呼ばれているものです。

こちらは白と黒のまだら模様の牛ですので、非常にイメージしやすいかと思います。

なお、現在の日本で乳牛として飼育されている品種の中では、もっとも頭数が多いものとなります。

次に多く飼育されているものが「ジャージー牛」です。

なんとなく名前を聞いたことがあるという方もいるかもしれませんが、こちらは採取できる牛乳の量が少ないため、大量生産を目的とする乳牛業者では取り扱われていない品種です。

たまに田舎の観光地などで「ジャージー牛乳使用アイスクリーム」といった形で使われていることがありますが、これはジャージー種から採取される牛乳というものが成分的に濃厚で「コクがある」という理由からとなります。

また、バターなどに加工した際に旨味が強く出るのはジャージー種の牛乳とされていて、その点でもジャージー種の牛乳は重宝されています。

 

あわせて読む!関連記事

ホルスタインとは?食べれるの?』について詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

 

いろんな牛肉ありますね!

大きく分けて3種

  • 国産牛は「日本で3ヶ月以上飼育されたものすべて」「生まれた場所や品種は関係なし」
  • 和牛は「4種類のみ」「外国で飼育された場合でも和牛を名乗れる」「黒毛和牛は種類のひとつ」
  • 乳牛は「ホルスタインが圧倒的に多いが、ジャージー種も飼育されていて価値が高い」

こういった違いや特徴がありますので、ぜひ覚えておいてもらえればと思います。

-牛肉の雑学, 肉の雑学

Copyright© 牛肉 豚肉 鶏肉 部位や雑学を解説!『Niku-Love』 , 2019 All Rights Reserved.